映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」公式サイト » キャストプロフィール

倍賞千恵子 Chieko BAISHO / 武井有喜子

  • プロフィール 
  • コメント 
1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後、松竹歌劇団に入団しスカウトされ、61年に松竹映画『斑女』(中村登監督)で映画デビュー。以降松竹の女優として活躍。62年に「下町の太陽」で歌手デビューし、同曲でレコード大賞新人賞を受賞。翌年、山田洋次監督により同名タイトルにて映画化もされ、主演を務めた。「男はつらいよ」シリーズでは渥美清が演じた主人公・寅次郎の妹・さくら役を演じ、山田洋次監督の映画には欠かせない国民的女優となった。70年には文化庁芸術選奨文部大臣賞映画部門を受賞、05年には紫綬褒章を受章し、13年には旭日小綬章も受章している。近年の主な映画出演作は『ハウルの動く城』(04・声の出演[ソフィー役]/宮崎駿監督)、『ホノカアボーイ』(09/真田敦監督)、『座頭市 THE LAST』(10/阪本順治監督)、『ハーメルン』(13/坪川拓史監督)、『東京に来たばかり』(13/ジャン・チンミン監督)、『小さいおうち』(14/山田洋次監督)など。今年は「男はつらいよ」シリーズ最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮題)』の公開も控えている。
年を重ねてからラブロマンスみたいな作品に出会えたらいいなと、ずっと思っていました。日本では私くらいの年代が主人公のラブロマンス作品って少ないですから。この作品の台本を頂いた時に、そんな自分の思いにぴったりときました。そして私たちの年代はもちろんですが、もっと若い方々がご覧になっても、結婚や夫婦でいることを考える良いきっかけになる作品じゃないかと思います。藤さんとは28年前にやはり夫婦役を演じたドラマ以来ですが、家が割とご近所だったりで親交はずっとありました。藤さんは日本的な頑固さのような雰囲気をお持ちなので、今回のお父さん役、とても似合ってらっしゃいました。
市川さんは前からとても気になる方でした。映画やテレビで彼女が出演しているとつい見入ってしまうというか。今回ご一緒する、しかも娘役と聞きまして、すごく嬉しかったですし、楽しみにしていました。共演してみてやはり思っていた通り素敵な女優さんでした。

藤竜也 Tatsuya FUJI / 武井勝

  • プロフィール 
  • コメント 
1941年8月27日父の任地、北京で出生。大学時代にスカウトされ日活に入社、62年『望郷の海』(古川卓己監督)でスクリーンデビュー。76年に出演した、大島渚監督による映画『愛のコリーダ』で第1回報知映画賞主演男優賞を受賞。大島監督とは第31回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『愛の亡霊』(78)でもタッグを組んだ。03年には黒沢清監督『アカルイミライ』で第18回高崎映画祭最優秀助演男優賞、05年に主演した『村の写真集』(三原光尋監督)では第8回上海国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しており、どんな役柄もこなす役者として第一線で活躍し続けている。近年の主な出演作は『人生、いろどり』(12/御法川修監督)、『私の男』(13/熊切和嘉監督)、『柘榴坂の仇討』(14/若松節朗監督)、『龍三と七人の子分たち』(15/北野武監督)、『お父さんと伊藤さん』(16/タナダユキ監督)、『光』(17/河瀨直美監督)、『空母いぶき』(19年5月24日公開/若松節朗監督)、『COMPLICITY(英題)』(未/近浦啓監督)など。17年に放送され話題を呼んだ、倉本聰脚本・テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」につづく「やすらぎの刻~道」では高井秀次役で出演している。
演じた勝という人物は、こんなにいわゆる亭主関白な人って現実にいるのかなと思うくらい。その匙加減が難しかったですが、小林監督と話し合って調整していきました。倍賞さんとは普段から家族ぐるみで付き合いのある友人関係なので、普段の生活をそのまま倍賞さんと送っているような、いい夫婦の雰囲気になっていると思います。ただ倍賞さんを見ていると、ふとその可愛らしさに思わず優しくなってしまうので、小林監督からよくNGを出されました。

市川実日子 Mikako ICHIKAWA / 次女・菜穂子

  • プロフィール 
  • コメント 
1978年6月13日生まれ、東京都出身。10代の頃雑誌「Olive」専属としてモデルデビュー。00年『タイムレスメロディ』(奥原浩志監督)で長編映画デビューを果たし、以降、映画・テレビドラマ・CMなど幅広く活躍している。02年には『とらばいゆ』(大谷健太郎監督)で第24回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞する。03年に初主演した映画『blue』(安藤尋監督)で第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。16年には社会現象にもなった『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)に出演し第40回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第71回毎日映画コンクール女優助演賞も受賞している。その他、主な映画出演作は『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)、『めがね』(07/荻上直子監督)、『マザーウォーター』(10/松本佳奈監督)、『レンタネコ』(12/荻上直子監督)、『ぼくたちの家族』(14/石井裕也監督)、『三度目の殺人』(17/是枝裕和監督)、『羊の木』(18/吉田大八監督)など。近年の主なテレビ出演作では「アンナチュラル」(18/TBS)、「イノセンス 冤罪弁護士」(19/NTV)など。
倍賞さんと藤さんとご一緒できると聞いてとても緊張しましたが、初めてお会いした日から撮影期間中、ずっとワクワクしていました。この撮影現場で、チャーミングで素敵なおふたりともう少しご一緒させていただきたかったと、終わった時に思いました。 この映画は、長年連れ添った夫婦、子供が親を想う気持ち、そして猫と暮らすこと。いろいろな方に楽しんでいただける作品になると思います。子供が親を想う気持ちって年代によっても変わってくるなぁ。でも、ずっと親子で家族なんだ。というようなことを感じながらいました。観てくださった方の視線の角度によって、大きく変化する作品になるのではないかと思っています。

星由里子 Yuriko HOSHI / 鈴木志津子

  • プロフィール 
  • コメント 
1943年12月6日生まれ、東京都出身。58年、東宝が宝塚歌劇団東京公演にちなんで募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれ芸能界入り。翌年『すずかけの散歩道』で銀幕デビュー、同名のレコードで歌手デビューも果たす。61年公開の映画『大学の若大将』に端を発する「若大将シリーズ」で演じたヒロイン・澄子役は「澄ちゃん」の愛称でお茶の間でも愛され、『リオの若大将』(68)までシリーズ11作品に出演した。同時に『南の風と波』『世界大戦争』『河のほとりで』など話題作への出演が続き、東宝看板女優として活躍。以降は映画のみならず、舞台、テレビドラマや司会も務めるなど活動の場を広げた。96年『我が心の銀河鉄道』では第20回日本アカデミー賞助演女優賞受賞、02年には舞台「佐渡島他吉の生涯」で第28回菊田一夫演劇賞を受賞している。近年の主な映画出演作は『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』(07/朝原雄三監督)、『全員、片想い–イブの贈り物』(16/伊藤秀裕監督)、『浅草筑波の喜久次郎』(16/長沼誠監督)、『校庭に東風吹いて』(16/金田敬監督)など。18年5月、生涯現役を貫きながら惜しまれつつ永眠。本作が遺作となる。
昔は松竹の女優さんで共演することはなかった倍賞さんとご一緒できるということで、とても楽しみにしていました。藤さんも初共演でしたけど、ウィットに富んだ素敵な男性で。とても楽しいお仕事でした。この映画は、可愛い猫も主役のひとりですが、老夫婦の孤独と深い愛を描いた映画だと思います。若い方々は自分の両親もそうなのかなとか、感じてくれたら嬉しいですし、同世代の方々は、私達が歳を重ねた姿を見て、懐かしく心温まるものを感じてくれたら嬉しいなと思います。

佐藤流司 Ryuji SATO / ペット探偵・笹原 & ヨンギ

  • プロフィール 
  • コメント 
1995年1月17日生まれ、宮城県出身。11年「仮面ライダーフォーゼ」に出演し俳優としてのキャリアをスタートさせる。13年に「ミュージカル 忍たま乱太郎」で舞台デビュー、以降“2.5次元”と呼ばれるジャンルの舞台、「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」や「NARUTO」、「ミュージカル刀剣乱舞」など話題作に次々に出演し脚光を浴びる。その他、主な映像出演作はテレビドラマ「ファイブ」(17/CX・FOD)、「御茶ノ水ロック」(18/TX)、「イアリー 見えない顔」(18/WOWOW)、映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ︕』(12/坂本浩一監督)、『Please Please Please』(17/堀内博志監督)、『ダブルドライブ ~龍の絆~』(18/元木隆史監督)など。
ヨンギ役は、現場では韓国語で演じたのですが、日本で放送されているドラマという設定なので、そこに後から自分自身で日本語のアフレコをするという新しい経験をさせてもらいました。韓国語なのでセリフを覚えるのにとても苦労したんですけど、完成したものは日本語とい
う。でも結果的に説得力のある仕上がりになっているんじゃないかと思います。藤さんと倍賞さんとの共演は、初めての仕事の時を思い出すほど緊張しました。倍賞さんとのシーンが多かったのですが、自分のような若手相手にも何度も一緒にセリフ合わせをしてくださったりと、本当に優しい方で大変お世話になりました。

小林且弥 Katsuya KOBAYASHI / 山崎

  • プロフィール 
  • コメント 
1981年12月10日生まれ、山口県出身。01年に東京コレクションでモデルデビュー、翌年「東京ぬけ道ガール」(02/NTV)で俳優として活動を開始。以降、映画、テレビドラマ、舞台など演技のみならず「猫のひたいほどワイド」(16-/tvk)ではMCも務めるなど幅広く活躍している。主な映画出演作は『リンダリンダリンダ』(05/山下敦弘監督)、『ビルと動物園』(08/齋藤孝監督)、『ランニング・オン・エンプティー』(10/佐向大監督)、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10/白石和彌監督)、『荒川アンダー ザ ブリッジ』(12/飯塚健監督)、『凶悪』(13/白石和彌監督)、『マエストロ︕』(15/小林聖太郎監督)、『日本のいちばん長い日』(15/原田眞人監督)、『あゝ、荒野』(17/岸善幸監督)、『ゼニガタ』(18/綾部真弥監督)など。
演じた山崎という役は、原作とは違うキャラクターになっていて、“こういう人”っていう背景がないんです。ふらりと現れて藤さん演じる武井さんと将棋するようになるという。映画で出てくる人間って何かの動機を持って出てくるものですが、それがないのが面白いな、素敵な描かれ方だなと思いました。藤さんは、存在自体がすごく作家性があるんです。培ってきた今までの役者歴を、現在の藤さんの佇まいで全て説明しているというか。そこにいるだけで成立する稀有な役者さんで。市川さんは動物的な感覚を持ってらっしゃる反面、すごくクレバーな方でもあって、そのバランスの取り方がすごいなと。お二人ともすごく魅力的な方でそこに挑戦してみようかなと色々頭で考えて試行錯誤してみましたが、結局出たとこ勝負みたいな感じでした。

小市慢太郎 Mantaro KOICHI / 長男・雅紀

  • プロフィール 
  • コメント 
1969年2月15日生まれ、大阪府出身。大学卒業後、マキノノゾミ主宰の劇団M.O.Pに解散する2010年まで所属しほぼ全ての公演に出演。劇団解散後は主に映像を中心に活動している。近年の主な映画出演作は『夏の終り』(13/熊切和嘉監督)、『東京難民』(14/佐々部清監督)、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14/大友啓史監督)、『蜩ノ記』(14/小泉堯史監督)、『劇場霊』(15/中田秀夫監督)、『秘密 THE TOP SECRET』(16/大友啓史監督)、『だれかの木琴』(16/東陽一監督)、『光』(17/河瀬直美監督)、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(18/柴山健次監督)、『恋のしずく』(18/瀬木直貴監督)など。
大先輩ですごく尊敬する倍賞さんが母親で、子供の時からドラマで観ていた、幼少期の憧れの男性像である藤さんが父親。本当に嬉しい限りでした。自分の父親も縦のものを横にもしないみたいな、男は外で仕事して女は家を守るっていう古風な感じでしたので、やはりまず自分の親世代に観てもらいたいですね。夫婦で一緒に見てもらって、その帰りに「飯でも食いに行くか」なんてなってくれたら嬉しいです。そしてその子供にあたる自分のような世代、あるいはその孫に当たる世代も、それぞれの立場できっと共感できるものがあるのではないでしょうか。

西田尚美 Naomi NISHIDA / 長女・祥子

  • プロフィール 
  • コメント 
1970年2月16日生まれ、広島県出身。CMや雑誌のモデルを経て93年にテレビドラマ「オレたちのオーレ︕」(TBS)で女優へ。映画は95年に『ゲレンデがとけるほど恋したい。』(廣木隆一監督)でデビュー。97年に初主演した映画『ひみつの花園』(矢口史靖監督)で第17回ハワイ国際映画祭主演女優賞、第21回日本アカデミー賞新人俳優賞、第7回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞している。近年の主な映画出演作は『WOOD JOB︕神去なあなあ日常』(14/矢口史靖監督)、『二重生活』(16/岸善幸監督)、『追憶』(17/降旗康男監督)、『友罪』(18/瀬々敬久監督)、『生きてるだけで、愛。』(18/関根光才監督)、『ウィーアーリトルゾンビーズ』(19年6月公開予定/長久允監督)など。
猫のチビによって、夫婦がお互いを思う気持ちが見えてくるって微笑ましいなと思って脚本を読みました。
倍賞さんは優しくて頼もしいその人間性で家族のムードメーカーとなってくださって、藤さんは気持ちの表現の仕方がすごくチャーミングで、お母さんとお父さんがこの家族の自然な空気感を作ってくださいました。本当に素敵な方々と共演できてとても楽しかったです。映画のお父さんとお母さんの年代の方は共感していただけるだろうし、若い人たちが観ても、「夫婦として誰かと生活を送るのは色々あるけどいいよね」と、生きていく将来が楽しみになるような映画になっていると思います。

優希美青 Mio YUKI / 若き日の有喜子

  • プロフィール 
  • コメント 
1999年4月5日生まれ、福島県出身。12年開催の第37回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得しデビュー。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)に出演し注目を集め、以降、テレビドラマ、映画、CMを中心に活動。主な出演作はテレビドラマ「デスノート」(15/NTV)、映画『神様の言うとおり』(14/三池崇史監督)、『でーれーガールズ』(15/大九明子監督)、『映画 暗殺教室』『映画 暗殺教室~卒業編~』(15,16/羽住英一郎監督)、『ちはやふる -結び-』(18/小泉徳宏監督)、『ママレード・ボーイ』(18/廣木隆一監督)、『うちの執事が言うことには』(19年5月17日公開予定/久万真路監督)など。
有喜子さんたち世代の方はもちろん、どの世代の方にも心にキュンとささるものがあるラブストーリーだと思います。この映画の1シーンに、お父さんがお母さんに伝える、あるステキな言葉があるのですが、私自身とても感動しました。ぜひ、沢山の方に劇場でご覧頂きたいです。

濱田和馬 Kazuma HAMADA / 若き日の勝

  • プロフィール 
  • コメント 
1995年2月3日生まれ、愛知県出身。舞台を主なフィールドとして活動しながら映画、ドラマへも出演するなど俳優として精力的に活動する今後注目の若手俳優の一人。これまでの主な映像出演作は映画『アオハライド』(14/三木孝浩監督)、テレビドラマ「福岡恋愛白書11 キミと見る景色」(16/KBC)、「でぶせん」(16/Hulu)、「砂の塔~知りすぎた隣人」(16/TBS)、「恋するJKゾンビ」(16/EX)など。
藤さんの過去の作品を拝見させていただいたり、本読みの時のしゃべるトーンとか、間の取り方を必死で観察しました。
ご年配の夫婦だったり、新婚さんだったり、まだ結婚してない、それこそ高校生ぐらいのカップルが見ても、言葉で伝えるということは、とても大事なことなんだと再認識できる作品だと思います。

吉川友 You KIKKAWA / 若き日の志津子

  • プロフィール 
  • コメント 
1992年5月1日生まれ、茨城県出身。ハロー︕プロジェクトの研修課程を経て、2011年5月にソロデビュー。アメリカ、フランス、台湾、ブラジル等、海外でのステージ経験も豊富。歌手活動以外では、2018年、映画『チャットレディのキセキ』(川口浩史監督)や、舞台化10周年を迎えたシリーズの中でも人気の舞台「遙かなる時空の中で3」で主役を演じ、女優としても好評を博す。その他、テレビ・ラジオ・グラビアなど、多岐にわたり活動中。
星由里子さん演じる志津子の若い頃を演じさせていただきました。どの年代の方が観ても、グッとくる、観終わった後、大切な家族や、パートナー、ペットに会いたくなるようなステキな作品です。豪華キャストの方と共演でき、すごく勉強になりました。